ヤフーは、東日本大震災の発生から4年となる今年3月11日、検索サービス「ヤフー検索」で復興支援活動「3.11、検索は応援になる。」を実施する。3月11日に同サービスで「3.11」と検索されると、ヤフーが検索者1人につき10円を復興関連団体に寄付するというもの。

※2015年3月13日追記(インターネットコム編集部):「3.11検索」による寄付金が昨年を上回り2,918万2,780円になりました。詳しくは、関連記事をご覧下さい。


ヤフーで「3.11」と検索して震災復興を支援、「3.11、検索は応援になる。」
3.11、検索は応援になる。

ヤフーは昨年も同様の取り組みを実施。2014年3月11日に「3.11」と検索したユニーク ブラウザー数を集計し、合計256万8,325人分の寄付金2,568万3,250円を東日本大震災復興支援財団へ託した。

なお、3月11日限定の企画であり、寄付の集計対象は2015年3月11日0時00分から23時59分までに行われた検索に限る。検索キーワードは「3.11」にする必要があり、「3月11日」「3,11」などではカウントされない。

平井理央さん、後藤正文さん、伊勢谷友介さんによる「応援団からのメッセージ」