気象庁のイメージ

気象庁は1月23日、群馬県にある草津白根山について噴火警戒レベルを「3」とし、入山規制の水準に引き上げた。

草津白根山は近隣の逢ノ峰、本白根山とともに三山をなし、活火山として知られるが、噴火警戒レベルは最近まで「1」の水準だった。しかし本白根山の火口湖の鏡池付近で23日9時59分に噴火が発生したもよう。

東京工業大学の観測によれば、鏡池付近から1キロメートル以上飛散する噴石を確認したという。本白根山鏡池付近から概ね2キロメートルの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒が必要となっている。

噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降るほか、爆発的噴火に伴う大きな空振によって、窓ガラスが割れるなどのおそれがある。ところどころで火山ガスの噴出が見られ、周辺のくぼ地や谷地形などでは高濃度の火山ガスが滞留することがある。雪崩が発生したとの情報もある。いずれも注意すべきとしている。

気象庁は地元の自治体である群馬県嬬恋村、草津町に入山規制の措置をとるよう呼びかけている。