雪のイメージ画像

雪国では日常でも、普段雪の降らない土地では大事。日本最大の人口を抱える東京都では、1月22日、大雪に関する声明を出した。防災ホームページで確認できる。

都では気象庁の予報を引き、23日未明にかけて大雪となるところがあるとし、大雪警報にも言及した。その上で次のような注意を呼びかけている。

・大雪や路面の凍結による交通障害に警戒し、不要不急の外出を控える
・外出する際は、最新の情報を確認し、時間に余裕をもって行動する
・降雪時や降雪後は、道路が大変滑りやすくなるので、外出する場合は滑りにくい長靴などを履き、足元に十分注意する
・自動車の利用は控え、やむを得ず運転の必要がある場合には、チェーンを早めに装着し、スコップや長靴・毛布等を備え、普段の倍以上の車間距離をとり、急ブレーキや急ハンドルは厳禁

そうは言っても都内のオフィスで仕事をする会社員などは、苦笑いするしかない面もあるが、帰宅困難の恐れもあるとの報道も出ており、退勤などについても可能な限り時間に余裕をもって行動したいところ。

なお、東京都は帰宅困難者に役立つポータルサイトも公開している。一部の人にとっては、22日夜にかけて参考になる可能性もある。