IBM Watsonのイメージ
Watsonが人事担当に!(出典:IBM)

ソフトバンクは、新卒採用選考のエントリーシート評価に、人間のように学習し判断をくだすコンピューターシステム「IBM Watson」を導入すると発表した。応募者をより客観的、適正に評価することが目的だそう。

IBM Watsonは、いわゆる人工知能(AI)を実現するための技術の1つである機械学習を採用。過去の記録や書類などを大量に読み込んで成長し、質問に対して最適な回答を出せるようになる。

今回はソフトバンクが蓄積したデータを学習させたうえで、応募者のエントリーシートを見せて項目ごとに評価をさせる。Watsonが合格基準を満たしている、と認めた項目は自動で選考通過とし、それ以外の項目については人事担当者が内容を確認し、合否の最終判断を行う流れだ。

人間だけでやるよりも、統一した評価軸で公平な選考ができるという。

また人事担当者がエントリーシートの確認作業にあてる時間を75%軽減できるともしている。空いた時間は応募者との対面でのコミュニケーションにあてるそう。

対象となるのは総合職(総合コース・営業コース)志望者のエントリーシート。ソフトバンクの「新卒採用」枠に応募可能な入社時30歳未満の既卒者、他企業での就業経験者を含む。