Apple Storeのイメージ

インターネット上でApple Storeが準備中になった。10月27日16時1分から新型iPhone「iPhone X」の予約を受け付けるのを前に最後の調整中と見られる。なお、販売開始は11月3日から。

iPhone Xは最近の高級Androidスマートフォンの流行をとらえ、画面の大型化を進めたほか高精細な有機ELディスプレイや顔認証機能などを導入したモデル。同時に発表したiPhone 8などに比べ値が張り、出回る台数も少ないとの観測だ。

iPhone Xのイメージ

日本ではNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクと携帯電話3社がそれぞれの回線のみで利用できる「SIMロック」版を取り扱う一方、開発元直営のApple Storeは複数の回線で使える「SIMロックフリー」版を用意する。後者の直販価格はストレージ容量64GBのモデルが11万2,800円(税抜、以下同じ)、256GBのモデルは12万9,800円。

SIMロックフリー版は携帯電話会社による割引や購入支援がないものの、自由度の高さから注目を浴びる。またさまざまな回線が利用できるという特徴から、「転売」で利益を上げようと狙う業者や個人の食指も動かしている。

なお、Apple Storeは実店舗もあるが、iPhone Xの予約はすべてインターネット経由で受け付ける。Webサイトまたは公式アプリケーションを用意している。予約競争が激しくなるのは間違いないところ。