子どもの安全を確認するに、子どもに携帯電話やスマートフォンを持たせる親は少なからずいるだろう。一方で、学校内でそれらを使用すると、授業の妨げになったりする。また、掲示板サイトや SNS の利用も社会問題になっている。

そこで、NTT データは、同社の学校連絡網サービス「FairCast」と NTT ドコモの法人向け位置情報サービス「かんたん位置情報サービス」を活用した、定額制位置情報サービス「FairCast GPS+(プラス)」を、4月1日から、全国の教育機関向けに開始する。


このサービスでは、小型の GPS 専用端末を子どもに持たせ、位置情報を地図上で確認できるようにするそうだ。また、学校だけでなく、あらかじめ設定した任意のエリアを出入りした際、保護者にメールで通知する。

サービス開始にあたり、NTT ドコモは「かんたん位置情報サービス」に、新たに開発したエリアセンシング機能注を追加、の機能を向上させた。

NTT データとドコモ、携帯電話なしでも子どもの安全を確認できるサービスを開始
FairCastGPS+全体構成イメージ