米国 Mozilla Foundation 傘下の Mozilla Japan は、Firefox OS 搭載のスマートフォン「Flame」を日本で7月28日から販売開始すると発表した。価格は1万9,980円(税込)。ヤフーのショッピングサイト「Yahoo! ショッピング」の OSS ストアから台数限定で購入できる。

Firefox OS スマホ「Flame」が日本で販売開始、1万9,980円--ヤフーの OSS ストアで
Flame

Flame は技術的な調査、検証のためのリファレンス(標準性能)機。5月に国内導入が発表となっていた。今後、同機種を手にした日本の開発者によって、さまざまな Firefox OS 向けアプリケーションが生まれるのが理想だ。


なお Flame が搭載する Firefox OS のバージョンは1.3で、日本語に対応していない。しかし今後、機能を強化した新版が公開になり、日本語環境でアプリ開発などが可能になるという。搭載 OS を入れ替える方法や、アプリの開発方法については、すでに技術情報サイト「Mozilla Developer Network」が掲載している。

Flame の概要を再確認すると、メーカーは中国 T2Mobile。 4.5型 FWVGA(854×480)ディスプレイを搭載し、CPU はデュアルコアの Qualcomm MSM8210。メモリ容量は 1GB、ストレージ容量は 8GB。32GB までの microSDHC メモリーカードを挿入できる。カメラは本体背面が500万画素、前面が200万画素。 850MHz/900MHz/1.9GHz/2.1GHz 帯の 3G 回線に対応する。