KDDI は、米国 Mozilla のモバイル OS「Firefox OS」搭載スマートフォン「Fx0 LGL25」(韓国 LG Electronics 製)を12月25日に発売する。Firefox OS スマートフォンとしては珍しく比較的スペックが高く、LTE 対応、クアッドコア プロセッサ搭載、HD 表示ディスプレイ採用といった点が特徴。12月25日に販売を開始する店舗は、「au オンラインショップ」および KDDI 直営店(au SHINJUKU、au NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKA)のみ。それ以外の「au ショップ」および au 取扱店舗では、2015年1月6日以降の発売となる。

KDDI、いよいよ Firefox OS スマホ「Fx0」発売、LTE 対応/HD 画面/クアッドコア
Fx0(LGL25)

国内の通信事業者が Firefox OS スマートフォンを販売するのは、Fx0 が初めて。ヤフーが「Flame」を販売した例はあるが、技術検証目的のリファレンス(参照)機という位置付けで一般向けでなく、キャリアの取り扱いがなかった。


KDDI はスペックの低いスマートフォンが不人気な日本市場を意識したのか、Fx0 を世界初の LTE 対応/HD ディスプレイ採用 Firefox OS スマートフォンとするほか、動作周波数 1.2GHz のクアッドコア プロセッサ「Qualcomm Snapdragon 400」を搭載するなどしている。しかし、同社の製品紹介ページには発表から1日後の現在も Fx0 の情報は掲載されておらず、一般的な消費者へ販売していこうとする積極的な姿勢を感じられない。

Fx0 で利用可能なデータ定額プランは、既存の「データ定額2/3/5/8/10/13」のほか、Fx0 専用の新たなプランとして、1か月間に利用可能なデータ容量の上限値が 2GB で月額3,500円(税別、以下同じ)の「LTEフラット cp(f・2GB)」。また、「LTEプラン」の基本使用料は月額934円だが、新規契約/MNP 時に Fx0 を購入すると基本使用料が最大で2年間無料になるサービス「Fx0おトク割」が適用される。

画面は約4.7インチ(HD:1,280×720ピクセル表示)液晶で、約800万画素の背面(メイン)カメラと約210万画素の正面(サブ)カメラを搭載する。防水性/防塵性は備えていない。RAM サイズは 1.5GB、ストレージ用メモリ サイズは 16GB。バッテリ容量は 2,370mAh。プロセッサは動作周波数 1.2GHz のクアッドコア品。Firefox OS のバージョンは2.0。

最大データ通信速度が下り 150Mbps、上り 25Mbps の「4G LTE」に対応する。LTE の対応周波数帯は 800MHz と 2GHz。無線 LAN(Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n)/Bluetooth(Ver.3.0)による無線データ通信が可能。Wi-Fi テザリング(最大8台)も行える。NFC/GPS/緊急速報メールに対応。日本語入力は、オムロンソフトウェアと共同開発の「iWnn IME for Firefox OS」。

画面例
画面例

おおよそのサイズは幅70×高さ139×厚さ 10.5mm、重さは約 148g。ボディ カラーはトランスルーセントな「GOLD(ゴールド)」の1色。