「バイシクルエコリュック」…ボトルケージに取り付けて持ち運べる

「会社帰りに牛乳買ってきて!」

オフィスを出ようとしたら、家族からそんなお願いをされた経験のある自転車通勤者は多いのではないでしょうか?

牛乳やお醤油やカボチャならまだよいのですが、「叙々苑キッチンで焼肉弁当予約したから取ってきて」とか、「中目黒のフレンチデリをお願い」とか言われた日には、「おれは、UberEATSか?」と愚痴りたくなりますよね。

愚痴って済むなら良いのですが、通勤で使うロードバイクやクロスバイクはバスケットがないことがほとんど。買ったはよいけど、持ち帰れないってことが起きがちです。

「バイシクルエコリュック」…ボトルケージに取り付けて持ち運べる

「バイシクルエコリュック」が自転車ブランドDOPPELGANGERから発売されました。これがあれば、仕事帰りのおつかいにも対応できます。

「バイシクルエコリュック」…ボトルケージに取り付けて持ち運べる
自転車通勤者向けのバックパック「バイシクルエコリュック」発売

「バイシクルエコリュック」…ボトルケージに取り付けて持ち運べる
仕事帰りのおつかいにも対応

その特徴は、普段は小さく折り畳んでボトルケージに入れておけること。折り畳んだときのサイズは500mlのペットボトルとほぼ同じで、重さは180グラムなので、普段はその存在を忘れていられます。

「バイシクルエコリュック」…ボトルケージに取り付けて持ち運べる
「バイシクルエコリュックは、小さく折り畳んでボトルケージに収納可能

「バイシクルエコリュック」…ボトルケージに取り付けて持ち運べる
500mlのペットボトルとほぼ同じサイズ

展開時には容量10リットルのバックパックに。「人参とじゃがいもと玉ねぎと豚肉」を買ってきてと言われても(多分)大丈夫です。

「バイシクルエコリュック」…ボトルケージに取り付けて持ち運べる
「今夜はカレーか、肉じゃがだな…。」

暑さが増してくるこれからの季節は、出社時にバックパックを背負いたくないもの。できれば荷物は最低限にしてサドルバッグやフレーム取り付け型のバッグに詰め込んでおきたいものです。そんな通勤スタイルの人に「バイシクルエコリュック」はきっと便利です。

「バイシクルエコリュック」…ボトルケージに取り付けて持ち運べる
バックパックを持っていることを忘れて通勤

希望小売価格は2,400円(消費税別)。全国のDOPPELGANGER取り扱い自転車店・量販店のほか、Amazon.co.jp、ヨドバシ.com、Yahoo!ショッピング、楽天市場などのオンラインサイトで購入できます。