ハコべるミニベロ「HaKoVelo(ハコベロ)」

「HaKoVelo(ハコベロ)」は、14インチの折り畳み自転車。専用キャリーバッグが付属しており、ころころと転がしてどこにでも持ち運ぶことができる。自転車ブランドDOPPELGANGERが開発した。

ハコべるミニベロ「HaKoVelo(ハコベロ)」
製品名は“ハコ”べるミニ“ベロ”で、「ハコベロ」
なんと、“駄洒落”です(…多分)

自転車用の輪行バッグは数多く販売されている。だがそれらの多くは肩から下げて持ち運ぶタイプ。それなりに重量のある自転車を持ち運ぶのは、体力的に厳しいという人もいるだろう。

「HaKoVelo」に付属するキャリーバッグはキャスター付き。ある程度の重さを持つ自転車を収納しても、楽に持ち運べことができる。

ハコべるミニベロ「HaKoVelo(ハコベロ)」
折り畳み自転車をキャリーバッグで運ぶ
盲点!

このキャリーバッグを使えば、輪行も容易だ。旅行用のキャリーバッグに見えるので、改札を抜けるときも、電車の中にいるときも周囲の目を気にしなくて済むのだ。

ハコべるミニベロ「HaKoVelo(ハコベロ)」
スカイライナーの駅でよく見る光景みたいです

駅についたら自転車を取り出して、最終目的地まで移動できる。キャリーバッグは駅のコインロッカーに入れておけばよい。キャリーバッグのサイズは幅52x高さ70x奥行30センチなので、駅に設置されている多くのロッカーに保管可能だ。

ハコべるミニベロ「HaKoVelo(ハコベロ)」
「大」「特大」に入るのだとか

ハコべるミニベロ「HaKoVelo(ハコベロ)」
ロッカーにしまったら、出発!

キャリーバッグのフタには、自転車の収納手順も書かれている。たまにしか使わず、折り畳みの手順を忘れてしまった場合でも大丈夫だ。キャリーバッグに入れてしまえば、飛行機に貨物として載せることもできる。

キャリーバッグに入れれば、飛行機に貨物として載せることもできる。
ハワイに持って行こうかな?
ホノルルのバスって、わかりにくいし

「HaKoVelo」は、自転車を室内保管する際にも便利。自転車をむき出しで部屋に置くのには抵抗があるという人でも、外見は旅行用のキャリーバッグに見える「HaKoVelo」なら、クローゼットに違和感なく保管できるはず。

ハコべるミニベロ「HaKoVelo(ハコベロ)」
右の状態だと「あれだな~」と思っちゃう人でも
左の状態なら「ふむふむ」ってなる?

「HaKoVelo」は現在、アウトドアグッズを販売する通販サイトナチュラムで予約を受け付け中。希望小売価格はオープンだが、ナチュラムでの予約価格は4万9,800円(消費税別)。発売は6月下旬~7月上旬に予定されており、販売開始後はナチュラムのほか、Amazon.co.jp、Yahoo!ショッピング、楽天市場などのオンラインサイトでも購入可能となる予定。

ハコべるミニベロ「HaKoVelo(ハコベロ)」
欲しい~!