NEDO は、バイオ 3D プリンタや細胞シート積層技術などの立体造形技術で、iPS 細胞などから骨や血管、心臓などの立体組織や臓器を製造する技術開発に着手する。

NEDO、バイオ 3D プリンタで臓器製造
NEDO、バイオ 3D プリンタで臓器製造

事業期間は2014年から5年間、総事業費は約25億円を予定しており、5テーマ29者を選定した。プロジェクト期間中にはステージゲート審査を設け、高い実現性が見込まれるテーマに絞り込み、立体組織や臓器の作製技術を実用化する。


これまで、再生医療の技術開発では、iPS 細胞などの培養や分化誘導など再生医療に用いる細胞をいかに効率良く調製するかの技術開発が行われてきた。同プロジェクトでは、これらの細胞を用いて、バイオ 3D プリンタや細胞シート積層技術などで立体組織や臓器を製造する、新たな技術開発段階へステップアップする。

採択テーマは「高機能足場素材とバイオ 3D プリンタを用いた再生組織・臓器の製造技術の開発」「バイオ 3D プリンタで造形した小口径 Scaffold free 細胞人工血管の臨床開発」「革新的な三次元精密細胞配置法による立体造形と小口径血管を有するバイオハートの研究開発」「組織工学を用いたヒト心臓壁立体造形技術の開発」「細胞シート工学を基盤とした革新的立体臓器製造技術の開発」の5つ。

なお、このプロジェクトは、2015年度以降、日本医療研究開発機構に移管される予定。