ドラえもんのイメージ
イメージキャラクターのドラえもん
(c)Fujiko-Pro,Shogakukan,TV Asahi,Shin-ei and ADK

経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は賞金総額1億円以上のロボット競技会「World Robot Challenge(WRC)」を開催する。

NEDOと経済産業省は、2018年10月にロボットの国際大会「World Robot Summit 2018」を開催。WRCはそ一部。

世界の高度なロボット技術を集結させ、競争を通じて技術開発を加速する狙い。ロボットが実際にさまざまな課題を解決できる姿を見せて、人々の理解が深まるようなもよおしにしたいという。

競技の内容は、ものづくりロボットによる「製品組立チャレンジ」が1位1,500万円、家庭用ロボットが人間のためにモノを取ってきたり、部屋の片づけをしたりする「パートナーロボットチャレンジ」が1,000万円といった具合。

趣旨に賛同したスポンサー企業からの協力を得て、賞金などを授与する。また参加する一部チームに対して渡航費などを支援する。公式サイトで申し込みを受け付けており、期限は3月15日まで。ただしインフラ・災害対応カテゴリーの競技については2月28日までとなっている。