PEZYの暁光イメージ
スパコン「Gyoukou」などの開発で知られる

スーパーコンピューター(スパコン)開発の「PEZY Computing」は、齊藤元章社長が退任予定だと発表した。齊藤氏は詐欺罪による起訴を受けている。

PEZYはグループ会社のExaScalerとともに、スパコン「Gyoukou(暁光)」 などの開発を手掛ける。Gyoukouは2017年11月時点でスパコンの計算能力を競う世界ランキング「TOP500」で日本1位、世界4位の成績を収めている。

ただ、齊藤氏は過去に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から助成金をだまし取ったとして捜査を受け、12月25日には詐欺罪により東京地方裁判所に起訴となった。

PEZYは「代表取締役社長という重職にある者が業務遂行に関連した行為により刑事訴追を受けた事実を極めて重く受け止める」とし、取引先や株主など関係者に謝罪を表明。特に研究開発業務に対する理解のもと、助成金を交付したNEDOに迷惑をかけたとしている。

今後、業務遂行における法令順守を徹底し、疑念を抱かれることのないよう適正に業務を行うという。

齊藤氏はすでに、PEZYとグループ各社の代表取締役、取締役の辞任届を提出しており、後任の代表取締役、取締役の選任など社内体制が整い次第、退任の手続きに入る予定としている。