NEDO プロジェクトで東京大学、大阪府立産業技術総合研究所などのグループは、印刷で製造できる有機温度センサーと高性能有機半導体デジタル回路を開発し、電子タグとして、温度センシングと商用周波数での温度データ伝送に世界で初めて成功した。デジタル回路を用いる低消費電力の設計と、室温近くの大気中での半導体製造工程により、省エネルギーを実現する。

有機デジタル温度センサ回路
有機デジタル温度センサ回路

具体的には、有機半導体を塗布し結晶化させる技術を基に、高性能の有機 CMOS 回路と、塗布して作れる有機デジタル温度センサーを独自開発し、13.56MHz の商用周波数によって電波でのデジタル信号の伝送を実現した。


従来の塗布型有機半導体よりも10倍以上高い性能を持つが、10分の1以下の低コストの印刷法で形成できる。軽く、薄く、曲げられ、低コストな温度センサ機能つきプラスティック電子タグとして、工程管理やヘルスケアなどの広範な用途が期待される。

今後、NEDOプロジェクトで、開発を進めている温度センサーを搭載した物流管理用 RFID タグの試作を進め、実用化への研究開発を加速させるそうだ。