新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とニューヨーク州立大学ナノ理工学カレッジ(SUNY CNSE:Colleges of Nanoscale Science and Engineering at SUNY Polytechnic Institute)は、同カレッジが計画中の新築ビル「ZEN ビル」プロジェクトで、ゼロエネルギービル(ZEB)の実証を開始した。

NEDO が米国初の省エネルギービル実証プロジェクトを始動
実証事業のイメージ図

今年10月に ZEB における実証機器の構成が確定したため、実証事業を本格始動するもの。ZEN ビルは、2015年6月の竣工が予定されており、竣工後は実証運転によるデータの収集と省エネルギー性能の評価を実施する予定だという。


ZEN ビルの完成予想図
ZEN ビルの完成予想図

この実証事業では、自然と人間の行動に合わせた照明/空調制御、燃料電池および太陽光発電などの日本技術を組み込んで行う。

NEDO は、日本の省エネルギー技術を米国で実証/確立することにより、日本の省エネ建築技術の普及と日本企業のビジネス展開の促進を目指すという。