匿名掲示板「2ちゃんねる」の新版として4月6日の日曜日から稼働する見込みだった「2ch.sc」の状況が、不透明なものとなっている。同日にいったん公開したものの、すぐに利用できなくなった。旧版「2ch.net」は平常通り稼働しているもよう。

2ch の新版「2ch.sc」予定に狂い、日曜のオープンが中止に--「2ch.net」は平常通り
2ch.sc のガイドページ

2ちゃんねるでは、所有権をめぐって対立が続いている。新管理者の Jim Watkins 氏およびフィリピン Racequeen 社と、旧管理者の西村博之氏およびシンガポール PACKET MONSTER 社のあいだで見解が大きく食い違っている。


そのため、Watkins 氏らが従来の 2ch.net を押さえて正当性を訴える一方、西村氏らは新たに 2ch.sc を立ち上げると発表した。

2ch.sc が4月1日に出した声明では、公開スケジュールを「次の日曜日ぐらい」とし、6日には実際に「tomcat.2ch.sc」などの URL で掲示板を設置。しかしその後すぐユーザー名やパスワードの入力が必要な BASIC 認証を設定し、一般の利用はできなくなった。なお、使い方ガイドなどは7日時点でも閲覧できる。

2ch.net では転載禁止の方針が広がっているが、2ch.sc は自由に転載が行えるため、外部の「まとめブログ」などの支持は得やすいと見込まれている。今後は、第三者が立ち上げた転載自由の代替サービス「おーぷん2ちゃんねる(open2ch.net)」も含め、三つ巴のユーザー獲得競争が展開するとの観測もあったが、 公開の遅延で先行きははっきりしなくなった。