米国 Microsoft(MS)と 米国 Dropbox が提携を発表した。Dropbox のオンラインストレージに保存した文書などを、オフィスアプリケーション「MS Office」で編集可能になるという。

Dropbox と MS Office が連携 -- クラウドに保存したファイルを即編集可能に
Dropbox の文書を Word で編集可能に

Dropbox で閲覧している文書をすぐに MS Office で開いて編集できるほか、逆に MS Office から Dropbox 上の文書を一覧したり、あるいは編集中の文書を Dropbox に保存、共有することが可能になる。


まずは今後数週間のあいだに Dropbox と、Word、Excel、PowerPoint それぞれの iOS 、Android 向けアプリが連携する。さらに2015年には Web アプリ版でも連携が始まる見込み。これに加え今後数か月のあいだに Windows Phone および Windows タブレット向けアプリにも同様の機能が加わる。なお、PC 向けアプリについては言及がない。

ちなみに、Dropbox の競合サービスである米国 Box も MS Office との連携を進めている。以前から MS Office の PC 向けアプリを対象にアドオン(拡張機能)を用意しているほか、今秋にも新たな連携機能を投入予定だ。