アマゾンの音声検索
マイクアイコンが追加

Amazon.co.jpのショッピング用アプリケーションをiPhoneやAndroidスマートフォンに入れている人は、最新盤にすると、音声で商品を検索できるようになる。

すでに米国、英国、ドイツで始まっている機能で、日本は4か国目。アプリの画面上にある検索ボックスにあらわれた「マイクアイコン」をタップすると、話しかけるだけで欲しいものを探せるようになる。

商品名だけでなく、ブランド名やカテゴリー名などでも検索ができるほか、複数のキーワードを組み合わせることも可能。海外で普及しているものが日本でも利用できること自体は喜ばしい。

ところでアマゾンと音声といえば、家の中でくつろぎながら、据え置き型の専用機器に話しかけるだけで、欲しい商品の注文もできる「Echo(エコー)」が米国などで注目を浴びている。人工知能(AI)技術を応用した「Alexa(アレクサ)」という音声アシスタントが、まるで自然な会話をしているかのように、さまざまな要望に応じて買い物依頼を受けてくれると評判がよい。音楽や動画の再生などもしてくれる。

エコーのイメージ
アマゾンが日本語を認識できるようになったということは、いずれエコーも?

エコーは2017年中には日本版が登場するとのうわさもあったが、公式な発表はまだない。ただアマゾンのショッピング用アプリで日本語の音声検索が始まったことだし、そちらもいずれは国内に入ってくると期待したいところ。