アマゾンプライムのイメージ

Amazonプライム・ビデオで2017年12月22日より配信している独自ドラマ作品「チェイス」について、新潮社は即時中止を申し入れた。

くだんのドラマについては、2017年から新潮社が刊行している清水潔氏のノンフィクション作品「殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件」との関連を指摘する声があり、新潮社も「原作なのではないか」といった問い合わせを受けていた。

しかし新潮社はドラマの制作について何ら関知していないとの声明を出していた。映像化については書籍発売後から数多く提案があったが、実在の事件を取り上げているため被害者の遺族の感情に配慮し、慎重を期して検討を進めているとしている。

Amazonプライム・ビデオのドラマは、ジャーナリストの主人公が27年前の5つの事件の矛盾に気づき、服役中の人間が冤罪ではないかという仮説を立て調査を進める筋立て。すでに複数回配信している。

また新潮社の書籍は、群馬と栃木の県境で姿を消した5人の少女について、ジャーナリストが調査し、冤罪などについて追及したものとなっている。