コルタナとアレクサ

ノートPCに話しかけるとさまざまな手伝いをしてくれるMicrosoft(MS)の音声アシスタント「Cortana(コルタナ)」。それがAmazon.com(アマゾン)が作った同じような機能を持つ「Alexa(アレクサ)」と連携する。どちらかに話しかけると、もう片方を呼び出せる。

アレクサといえば、自宅のリビングなどに置いた専用のスピーカーに呼びかけるだけで、アマゾンでの買い物などが簡単にできる便利な音声アシスタントとして注目を浴びる。一方、コルタナはノートPCに語りかけるだけで検索やスケジュール管理などができ、両社はライバル関係にあると思われてきた。

しかし最近それぞれを開発するMSとアマゾンは協力を発表した。2017年後半には基本システム(OS)に「Windows 10」を搭載したPCを使っていると、コルタナ経由でアレクサを呼び出せるようになる。将来はAndroidスマートフォンやiPhoneでも同じようなことができるようになる見込み。

逆に「Echo Dot」「Echo Show」といったアレクサに対応した専用スピーカーでコルタナを呼べるようになる。

これでノートPCに声をかけてアマゾンでの買い物情報を管理したり、リビングのスピーカーに話しかけて情報の検索やカレンダ―、今日の予定一覧、リマインダーなどを把握したりできる。