LINE は、通話/メッセージアプリケーション「LINE」と連携する電子コミックサービス「LINE マンガ」で、無料配信中の作品「進撃の巨人 関西弁版」を読んだユーザーだけがダウンロードできる LINE スタンプを公開した。同作品の配信期間は4月2日まで。このスタンプに使用期限は設けられていない。

「LINE マンガ」、ごっつ緩い「進撃の巨人 関西弁版」で読者限定スタンプがもらえるで
読者限定スタンプも緩い
(c) Hajime Isayama / Kodansha

LINE マンガは、スマートフォン用アプリケーションでコミックの検索から購入、閲覧、管理まで行えるサービス。購入した作品は、端末にダウンロードして読む。2013年4月に提供を開始し、その後2014年10月にはパソコン用 Web サイトを公開した。


サービス開始当初、コミック3万冊を用意したとしていたが、2014年4月にライトノベル作品をラインナップに追加、2014年8月に連載マンガの無料配信サービス「LINE マンガ連載」を追加、2015年2月に作品受付サービス「LINEマンガ インディーズ」を開始するなど、サービス拡充に取り組んでいる。また、サービスのグローバル展開も進め、LINE マンガ(LINE Manga)は2014年 iOS(App Store)/Android(Google Play)アプリケーション ランキングのゲームを除いた世界累計売上ランキングで6位になった。

世界売上トップアプリケーションランキング(ゲームを除く)
世界売上トップアプリケーションランキング(ゲームを除く)

今回の読者限定スタンプ提供キャンペーンの対象作品は、人類が謎の巨人たちに襲われて絶滅の危機に追い詰められている世界を描いた「進撃の巨人」(作者:諫山創さん)の「関西弁版」。本来のテーマからすると殺伐としたストーリー展開が特徴の作品なのに、キャラクタ全員の台詞が関西弁になった効果か緩さが醸し出されている。

限定スタンプも、エレンやリヴァイ、ミカサなどお馴染みにキャラクタが関西弁を喋るデザイン。LINE のトークで便利に使えそうだ。LINEマンガ アプリケーションで進撃の巨人 関西弁版を入手すると、LINE のスタンプショップでダウンロードできるようになる。

なお、進撃の巨人 関西弁版の無料配信期間は4月2日までなので注意しよう。

LINE マンガ
LINE マンガ