NTT ドコモが12月9日、同社の FOMA 端末「F2611」「M1000」「NM850iG」では、2015年12月1日から、すべての通話や通信に利用できなくなる、と発表した。

2005年12月1日に施行された、総務省が定める携帯電話などの電波強度などに関する規則の改正(無線設備のスプリアス発射強度の許容値に係る技術基準の改正)に伴うもの。


ドコモ FOMA 3機種が使用できなくなる
スプリアス発射または不要発射の強度の許容値(新規定)