フリービットは、 フリービットグループが展開するコンシューマ向けスマートフォンキャリア事業 freebit mobile のメジャーバージョンアップを完了した。

バージョンアップにより、スタンダードスピードを従来の2倍に増速(500〜600Kbps)した。また、100MB あたり250円だった「高速チケット」を1GB あたり300円に料金改定をした。


フリービット、スマホキャリアサービス freebit mobile のバージョンアップを完了
スタンダードスピードが従来の2倍に

特許出願中の技術を用いた専用アプリ「マイプラン設定」をバージョンアップし、「高速チケット」への切り替え条件を、1日あたりの高速通信利用量設定や、1か月あたりの高速利用量設定を行うことで、他社の提供するほぼ全ての料金プランフォーマットを、いつでも自由に切り替えられるようになった。

マイプラン設定
マイプラン設定

この他、写真(動画)/音楽/ファイル/ノートを1つのソフトで管理することに加え、接続ケーブルなしでパソコンと瞬時に連携することを実現した PandA のプラットフォーム「ONE」の正式リリースや、「フラットパック」のサービス内容を、60分の携帯電話向け無料通話と動画7.5時間相当の高速チケットが月額500円で利用できるようにするバージョンアップなどを行った。