昨年の秋、コンシューマ向けスマートフォンキャリア事業に参入したフリービットだが、今回、福岡エリアでの検証結果に基づき、「freebit mobile」サービスをバージョンアップした。

バージョンアップにより、月額500円の「フラットパック」を追加、スタンダードスピードの速度を50%増速した。また、「PandA」の新ファームウエア「PandA Soft 2.0 “Cloud”」のオンラインアップデートを開始する。


フリービット、スマートフォンキャリアサービス freebit mobile をバージョンアップ
「PandA Soft 2.0 “Cloud”」

「フラットパック」は、月額500円で、携帯向け60分の無料通話と動画45分の高速チケット、合計1,510円分が利用できるもの。5月1日から開始する。

「フラットパック」
「フラットパック」

4月16日発表の SIM 単体サービスに続き、freebit mobile でもスダンダードスピードを従来より50%増速して 250kbps〜300kbps で通信できるようにした。