KDDI 研究所は、SNS や掲示板に投稿された、ニュース/映画/音楽/アプリケーションなどのコンテンツに対するコメントを解析することで、インターネット上で話題のコンテンツを自動で検索し、ユーザーのコメントを合わせて表示するキュレーション技術を開発した。

KDDI 研究所、ユーザーの主観を自動抽出するキュレーション技術を開発
アプリケーション画面の例

同技術は、ユーザーの主観を含むコメントのみを自動的に取り出し、リアルタイムに表示する。コメントに含まれる顔文字や文字列の連続出現(「誰得wwwww」など)、記号表現や文体といった、より感情が現れやすい言葉の特徴を捉えることで、コメントの「主観度合い」を測定し、感情豊かな表現を収集するという。また、「主観度合い」の高いコメントのなかから、反応が分かりやすいものポップアップで表示することもできる。


自分の好みに合わせたニュースを選べることと、インターネット上の面白いコメントが見られることを両立したという点が、既存のニュースクリッピングや人手によるまとめサイトなどのサービスとは異なるという。

想定されている利用シーン
想定されている利用シーン

同技術は、業務に関連する情報収集用、SNS の反応を楽しむエンターテイメント用などのアプリケーションでの利用を想定している。