スマートニュースは、スマートフォン/タブレット向けニュース アプリケーション「SmartNews」の iOS 版と Android 版を合わせたダウンロード数が、日本および米国の合計で1,000万回を超えたと発表した。同社は、既存の日本版と米国版に加え、150か国で利用可能なインターナショナル版の提供も始めた。

ニュース アプリ「SmartNews」が日米1,000万ダウンロード超、150か国以上向け国際版もリリース
SmartNews ダウンロード数の推移

SmartNews は、ユーザーの関心に応じてインターネット上の記事や話題を自動的に収集するアプリケーション/サービス。情報を集めて整理して提供することから、アグリゲーション/キュレーション/まとめアプリケーションなどとも呼ばれる。SmartNews は電波の届かないオフライン環境でもニュースが読めるといった使い勝手の良さが評価されているようだ。スマートニュースは「現在国内ニュースアプリ利用者数ナンバーワン」と主張している。米国でも利用者が増え、月間アクティブ ユーザー数は100万人を超えたという。


今回リリースしたインターナショナル版は、英語圏で話題になっているニュースを独自アルゴリズムで収集/選別して表示する。日本国内でも、SmartNews アプリケーションを最新版の「2.2.0」にアップデートしてから「設定」画面で「International/インターナショナル」を選ぶとインターナショナル版が利用できる。

インターナショナル版が登場
インターナショナル版が登場