世界規模のハッカソン「BattleHack Tokyo 2015」(バトルハック東京 2015)が6月13日・14日の2日間、大崎ブライトコアホールで、シンガポール PayPal とその子会社 Braintree により開催される。日本での開催は初めて。

世界14都市で開催のハッカソンが今年は東京でも開催―「BattleHack Tokyo 2015」
ハッカソンのロゴ

大会の優勝者には「THE AXE」優勝トロフィーに加え、 今年11月にペイパル本社があるシリコンバレーで開催予定のワールドファイナルズ参加権と渡航費用が与えられる。ファイナルズの優勝賞金は10万ドル。


Battle Hack の開催は今年で3年目。1月にオーストラリア・メルボルンでスタートし、 11月14日・15日に開催されるワールドファイナルズまで、 世界中で開催される。

BattleHack Tokyo 2015 の優勝者は、ワールドファイナルズで、世界14都市(メルボルン、ロサンゼルス、シンガポール、ローリー、ロンドン、アテネ、ベルリン、シカゴ、ベニス、トロント、ニューヨーク、ストックホルム、テルアビブ)から勝ち抜いてきたチームと、賞金10万ドルを賭けて戦う。

参加者は、個人または最大4人までのチームで参加し、 地域社会が抱える問題を解決するアプリ、Web サービス、 ハードウェアなどを24時間以内にハック(設計・制作)するという課題にチャレンジする。また参加者には、イベント中、 24時間グルメフードやスイーツ、 ビールやマッサージまで提供される。

会場風景
会場風景

昨年のバトルハックでは全世界で14都市、3,000人以上が参加した。ワールドファイナルズでは、テルアビブから参加したチームが「AirHop」というアプリを開発、賞金10万ドルを獲得した。

AirHop とは、 携帯電話または Wi-Fi のアクセスポイントを皆でシェアするアプリ。このアプリを使用すると、ユーザーの携帯が圏外にある場合、このサービス提供者のデバイスに「hop する(乗っかる)」形で、通話したりメールしたりできるようになる。

サービスの利用代金はペイパルで支払われる。現在特許申請中で、AirHop 開発を続けるための資金を募集中。