韓国 Samsung Electronics は、新型ウェアラブル デバイスとして、先日発表したばかりのスマートフォン「Galaxy Note 4」と組み合わせて使うヘッド マウント ディスプレイ(HMD)「Samsung Gear VR Innovator Edition」を発表した。米国 Facebook 傘下の仮想現実(VR)ヘッドセット メーカーである Oculus の協力を得て開発したもの。2014年中に販売を開始する計画。

Samsung、スマホ「Galaxy Note 4」を使う VR 用 HMD「Gear VR」発表、Oculus と共同開発
Samsung Gear VR Innovator Edition
Galaxy Note 4 と組み合わせて VR 効果を出す HMD

Gear VR は一般的な HMD と違ってディスプレイを搭載しておらず、取り付けた Galaxy Note 4 の画面を内蔵レンズ越しに見せることで VR 効果を与える。ユーザーの目前には、横方向96°の映像が広がる。Gear VR は加速度センサー、角速度センサー、磁気センサー、近接センサーを備えており、センサーから得られる情報を活用することで 360°全方向に映像が存在する仮想空間が構築できる。


表示する映像は Galaxy Note 4 が生成するため、電源や通信用にケーブルをつなぐ必要がなく、装着したまま自由に歩き回ったりすることも可能。こうした機能により、まるで映像世界のなかに入っているかのような、強い没入感が得られるとしている。

サイズは198×116× 90mm。ボディカラーは「Frost White」の1色。

Galaxy Note 4
Galaxy Note 4

なお、Oculus は Gear VR Innovator Edition を Gear VR シリーズで初めてリリースするベータ版デバイスと位置付け、一般消費者よりも開発者や HMD/VR マニア向けと考えている。