ウェザーニューズは、三大流星群の一つである「ペルセウス座流星群」が観測ピークを迎える8月12日夜の全国の天気予報を発表した。12日夜は、全国の広い範囲で雲の隙間から流星が見えそうだが、北海道は低気圧や前線の影響で曇りや雨となり、流星観測には厳しい気象条件となりそうだとしている。

■「ペルセウス座流星群」とは?

「ペルセウス座流星群」は、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と並ぶ、三大流星群の1つ。お盆の時期に極大を迎える流星群で、条件が良ければ1時間あたり30〜50個の流星を観測することができる。今年の出現期間は7月17日から8月24日で、ピークは8月13日の朝9時。このため、12日夜から13日の夜明けまでが最大の観測チャンスとなる。


8月12日は「ペルセウス座流星群」 ― ウェザーニューズが全国の天気予報を発表
ペルセウス座流星群の放射点
(出典:ウェザーニューズ)
*クリックしてウェザーニューズの「ペルセウス座流星群2014」に移動

■8月12日の天気は?


12日夜から13日未明は、低気圧や前線の影響で北海道は曇りや雨となり、流星観測には難しい気象条件になる。北海道以外のエリアは所々で雲が広がるが、夜遅い時間ほど雲は次第に少なくなり、星空を楽しめるエリアが増えていく。一部で雨の可能性もあるが、降るのは比較的短い時間なので、雲の隙間から流星を観測できるチャンスがありそう。

ペルセウス座流星群観測可能エリア予想マップ(出典:ウェザーニューズ)*クリックしてウェザーニューズの「ペルセウス座流星群2014」に移動
ペルセウス座流星群観測可能エリア予想マップ
(出典:ウェザーニューズ)
*クリックしてウェザーニューズの「ペルセウス座流星群2014」に移動

この情報は8月6日時点での天気予報をもとにしたもの。見えるエリアについては、台風の進路次第では今後変化する可能性がある。最新の情報については、同社の PC 向けサイト、およびスマートフォン向けサイトの「ペルセウス座流星群2014」で確認されたい。

■「SOLiVE24」で「ペルセウス座流星群」を全国7か所から生中継!

24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、12日23時から25時まで特別番組を放送する。同番組では、全国7か所から流星を生中継。流星の映像と観測者のコメントをリアルタイムで視聴者に伝える。また、「ニコニコ動画」の『ニコニコ生放送』でも「SOLiVE24」の流星映像をリアルタイムに配信する予定。