12月13日は「ふたご座流星群」…ウェザーニューズが全国の天気傾向を発表

ウェザーニューズは、「ふたご座流星群」が観測ピークを迎える12月13日夜~14日早朝の全国の天気傾向を発表した。当日は全国的に雲が広がり観測は厳しい予想だが、北海道の道東や東北太平洋側、関東の一部、四国・九州の太平洋側、沖縄県では雲の隙間を狙って観測のチャンスがあるとしている。

■ふたご座流星群とは?
ふたご座流星群は、「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」と並ぶ3大流星群の1つ。流星群の中では流れる数が多く、ピーク時には1時間に40個以上の流星が見られることもある。

放射点があるのは、東の空に見えるふたご座カストル付近。今年の出現のピークは12月14日朝9時頃と予想されており、流星観測は13日の21時以降が適している。14日は満月で放射点の近くに大きな月があるため、観測時には月から離れた方向の空を見るのがおススメ。

■当日の天気は?
13日夜~14日早朝は低気圧や前線が通過し、冬型の気圧配置へ移行するタイミング。このため全国的に雲が広がり、流星観測は難しい天気となる。

12月13日は「ふたご座流星群」…ウェザーニューズが全国の天気傾向を発表

ただ、低気圧が早く進むため、北海道の道東や東北太平洋側、関東の一部、四国・九州の太平洋側、沖縄県では雲の隙間を狙って観測のチャンスがありそう。

この予報は12月6日時点のもの。低気圧が予想より早く進めば、太平洋側で「チャンスあり」のエリアが拡大するかもしれない。最新の情報については、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」内の「星空 Ch.」、およびウェザーニュースの特設サイト「ふたご座流星群」を参照されたい。

■「ふたご座流星群」を生中継
24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、観測に適すると予想される全国7か所から流星を生中継する番組を、二部構成で放送する。第一部は21時からスマートフォン視聴者向けのタテ型動画による番組でYouTube Live、LINE LIVE、Periscopeでのみ配信される。第二部は22時からで、ウェザーニュースのWebサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH! by AbemaTV、Facebookライブ動画など各種動画サイトで視聴できる。