エンタープライズ向けセキュリティのパロアルトネットワークスは、モバイルデバイス向けセキュリティソリューション「GlobalProtect Mobile Security Manager」(GlobalProtect)最新版の国内向け販売を開始した。

GlobalProtect 最新版では、モバイルデバイスの私的な利用にも配慮しながら、デバイス上の業務データを保護する新しい機能を提供する。この新機能で、アプリ、ユーザー、デバイス、デバイス状態などのポリシー条件に基づいて、企業が自社のアプリやデータへのアクセスを制御できるようにする。


GlobalProtect 最新版には、「アプリストアのダウンロード制御」「私的データとビジネスデータの分離」「私的データを除いたビジネスデータの削除」の新機能がある。

「アプリストアのダウンロード制御」機能では、Apple App Store、Apple VPP (Volume Purchase Program)、Google Play で、承認されたビジネスアプリのみを配信する、独自のエンタープライズ アプリケーション ストアを構築。ユーザーが企業に承認されたアプリのみをダウンロードできるポリシーベースの制御を提供する。

「私的データとビジネスデータの分離」機能では、プライベートデータとビジネスデータを分離し、管理されたビジネスアプリと私的アプリ間のデータ移動を防止する。

「私的データを除いたビジネスデータの削除」機能では、ユーザーの私的データは対象とせず、管理されたアプリ、アカウント、データのみを選択的に消去する。

パロアルト、企業 BYOD 向けセキュリティでアプリダウンロード制御機能など
GlobalProtect 概要