IMAX Enhanced対応のAVレシーバー中級機「VSX-LX304」

IMAXシアターの音響を家庭で再現する「IMAX Enhanced」に対応したミドルクラスのAVレシーバー VSX-LX304をオンキヨー&パイオニアが販売している。

IMAXシアターのサウンドエンジニアがリマスタリングしたDTS:XのUltra HD Blu-rayや4Kストリーミングを「IMAXモード」で再生すると、IMAXシアターの迫力と没入感を楽しめるそう。

Dolby Atmos、DTS:Xの5.1.4ch、7.1.2chおよび従来の9.1ch再生に対応。最新サラウンド技術のDolby Atmos Height Virtualizerを搭載しており、トップスピーカーやサラウンドスピーカーのない環境でも音像を仮想的に作り出せる。

また9.1chディスクリートアンプ搭載。上級機を継承する筐体設計で、パワーアンプ部の伝送経路の短縮化をはじめ、クリーングランド化、線材のスタイリングなどを行っている。

これに加え自動音場補正「Advanced MCACC」を採用。スピーカーの大小、音量、距離、クロスオーバーの判定により、異なるスピーカーをすべて同じスピーカー、同じ距離で鳴らした様に調整する「MCACC」の基本機能に加え、低域の遅れを補正する「オートフェイズコントロールプラス」や、部屋の影響による音質の悪化を解消する「定在波制御」および「暗騒音測定」を行う。天井に設置したスピーカーも正確に補正し、Dolby AtmosやDTS:X、IMAX Enhancedによる3Dサラウンド再生に威力を発揮するとのこと。

Dolby Visionパススルーも利用できる。対応テレビと対応プレーヤーと接続することで、より自然に近い映像が楽しめる。フルスペックの4K規格信号のパススルーに対応。またフルHD映像から4K超解像度技術「Super Resolution」を用いたアップスケーリングも可能。このほか7入力2出力のHDMI端子を装備。すべての入出力の端子が著作権保護技術のHDCP2.2、輝度伸長技術のHDR10およびHLG、BT.2020規格の広色域信号のパススルーに対応する。希望小売価格は12万円(税別)。