Ultra HDブルーレイプレーヤー「UDP-LX500」
パイオニアブランドから

パイオニアブランドのユニバーサルディスクプレーヤー「UDP-LX500」 の販売が9月下旬から始まる。従来モデルより筐体(きょうたい)の制振性・静音性を高め、映像・音声処理回路の設計を一新して低ノイズ化した。

Ultra HDブルーレイディスクは5,000rpmの高速回転をするため、剛性の高い筐体が適している。新製品は制振性と高剛性に重点を置いた「リジッド&クワイエットBDドライブ」をはじめ、ドライブの密閉性と振動の遮断を実現する「アコースティックダンパートレイ」、3mm厚鋼板「リジッドアンダーベース」、放熱孔レスボンネットなどを採用する。

また4K映像を再生すると従来埋もれていたノイズも目立つため、回路上のノイズループを極小化するよう設計を工夫している。メイン基板に6層IVHを採用し、デジタル信号配線の最適化とGNDインピーダンスの最小化を行う。映像・音声信号処理のS/Nを向上し、最大18Gbpsの高速信号伝送の精度を高めた。

これに加えアナログ接続時のダイレクト機能や HDMI接続時のPQLS(Precision Quartz Lock System)機能など、音質を高める機能を備える。アナログ2ch再生用のオーディオ専用基板は電源とGND周りのノイズを抑制し、音色感を重視してチューニングを施している。デジタルオーディオ系回路とビデオ系回路をオフにする「ダイレクト機能」も搭載。2系統のHDMI出力を備え、映像信号をMAIN端子、音声信号をSUB端子から独立して出力することが可能。MAIN端子のみから映像・音声信号を出力する「シングル」、SUB端子のみから音声信号のみを出力する「ピュアオーディオ」も選べる。

このほかPQLS機能対応のAVレシーバーとのHDMI接続してジッターレス伝送も可能。音声/映像信号や制御信号を通さない「ZERO SIGNAL」端子を備え、AVレシーバーと接続するとHDMI接続時のGNDの安定化が図れる。希望小売価格は18万5,000円(税込)。