すき家のメニューイメージ
サンマと牛肉のコンボ「さんま牛」

牛丼チェーン「すき家」は9月6日から、秋の味覚「さんま蒲焼き丼」を販売する。11月末までの期間限定メニューだ。

じっくりと焼いてから蒸し上げたサンマを、すき家自慢のタレで3度付け焼きを繰り返して香ばしくふっくらとした蒲焼きに仕上げる。店舗ですりおろした新鮮な大根おろしをのせるのも特徴。好みで付属の山椒をかけて食べる。

さんまが2枚のった「特盛」や、サンマと牛丼を一度に味わえる「さんま牛」、ピリ辛のコチュジャンダレがかかった「ねぎ玉さんま牛」などのバリエーションも豊富だ。

さんま蒲焼き丼の価格は並盛が580円(税込、以下同じ)、ごはん大盛が620円、特盛が830円。

さんま牛は並盛が680円、ごはん大盛が720円、特盛が930円。

ねぎ玉さんま牛は並盛が780円、ごはん大盛が820円、特盛りが1,030円。