Xperia Touchの使い方

何もないテーブルや壁に、まるでスマートフォンやタブレットの画面のように映像を浮かべ、手で触れて操作できる「Xperia Touch(エクスペリア タッチ)G1109」をソニーが6月24日に発売する。

Xperia Touchの製品画像

室内に置けるプロジェクターのような機器。壁、床、テーブルなど十分な広さのある平面ならどこにでも、23型から80型までのサイズの映像を投影できる。解像度は1,366×768ドット。

Xperia Touchのイメージ

映像に手で触れると、本体に内蔵する赤外線センサーやイメージセンサーが読み取って、スマートフォンやタブレットのタッチパネルのように操作することが可能。

中身は「Xperia」スマートフォンなどと同じくAndroid。音声での情報検索やアプリケーションの起動なども行える。また家族や友達、複数人で同時にさまざまな一緒にゲームをしたり、映画や音楽を楽しんだり、ビデオ通話をしたりもできる。

Xperia Touchの使い方

据え置きゲーム機「PlayStation 4(PS4)」とも連携。PS4で遊んでいるゲームを、離れた場所にあるXperia Touchで投影し、遊べるようになっている。

CPUはデュアルコア(1.8GHz)とクアッドコア(1.4GHz)を組み合わせた6コアのSnapdragon 650。メモリー容量は3GB、ストレージ容量は32GB。最大256GBのmicroSDXCメモリーカードが挿入できる。ビデオ通話などで使うための1,300万画素のカメラ付きで、2Wayステレオスピーカーもある。ちょっとしたハイスペックAndroidスマートフォンとでも言うべき性能だ。

インターフェイスは無線接続のためのWi-Fi、Bluetooth、NFCに加え、有線接続は給電とデータ転送用のUSB Type-Cポート、映像入力用のHDMIをそれぞれ1つ備える。バッテリーも内蔵していて、電源につないでいなくても、約1時間連続稼働する。

本体サイズは約69×134×143mm。重さは約932gとノートPC程度。持ち運びにも向くそう。また家庭のインテリアになじみやすいデザインにしたとしている。

Xperia Touchの設置例

本体カラーはゴールドのみ。希望小売価格は15万円前後(税別)だ。