好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい

写真集『ぶさにゃん』で知られるネコ写真家の沖昌之さん。その沖さんの写真が、沖川東横さん監修の婚活本『好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい。』に採用されました。いままでの沖さんの写真とは一味違う、ネコたちが楽しめる一冊です。

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
沖川東横さん監修『好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい。』
沖昌之さんの写真、満載

沖さんはあの「ネコザイル」のほか、「無重力ネコ」や「Kissネコ」など、お外ネコのユニークな姿をカメラに収めてきた写真家です。“奇跡の一瞬”を撮影するのに長けた沖さんの写真が、婚活本に採用された理由は、どこにあるのでしょうか?

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
見よ!ネコザイル!!

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
これが、無重力ネコ!

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
うっとり、KISSネコ

理由は書籍を読めば、すぐにわかります。この婚活本には、異性を獲得するための戦略が詰まっています。そしてその戦略には、沖さんが撮影対象としている“お外ネコ”たちが、生きるために用いている戦略に通底するものがあるのです。これが、沖さんの写真が婚活本に採用された理由なのでしょう。

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
どういうことかニャ?

いくつか紹介しましょう。たとえば「頭から足先まで、いつもピカピカに。」という章では、ネコが体をなめてきれいにしている写真が採用されています。人間が婚活で自分の体をぴかぴかにするのは、異性を獲得するため。ではネコは?というと、体の匂いを消して、獲物に自分の存在を気取られないためだと言われています。そう人間もネコも、狩りのために体をぴかぴかにする。ほら、似ていますよね?

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
なめてきれいにするのニャ

他にも、「爪を研がないと狩りはできない。」「おいしそうで 確実に獲れる獲物を狙う。」など、各章でその内容に適したネコさんの写真が掲載されています。それらの写真は、いつもの沖さんのテイストとはちょっと違うもの。でも、これまでじっくり注目したことのない、新しいお外ネコの魅力を伝えるものとなっています。

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
ガリガリガリガリ…

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
おいしそうだニャ!

もちろん、いつもの沖さんテイストの写真も楽しめますよ。

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
にゃ~~ん!

こんなお外ネコさんの写真が約30枚入った『好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい。』の価格は1,404円。沖さんファンの方には、購入する価値がある一冊でしょう。全国の書店や、Amazon.co.jpなどのオンライン書店で入手できます。

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
カバー写真は、ほねちゃんです

さて、沖さんの写真はさておくとすると、この書籍自体はどのような人が買うべきなのでしょうか?

筆者が学校を卒業して就職したころ、日本の民間企業には「一般職」という枠がありました。他の企業ではどうだったのかよく知りませんが、筆者のいた会社では、「一般職」で採用された女性は、男性社員の配偶者候補として採用された人たち、という色彩を強く残していました。

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
そんな時代があったのニャ~

もしいま、こんな体制を維持している企業が存在したら多くの批判にさらされるでしょうし、当時にしても迷惑と思う女性は多かったと記憶しています。無理やりセッティングされるあれこれや、結婚後の社宅でのあれこれ。あの時代に戻れと言われたら、絶対に嫌だという人は、男女ともに多いはずです。

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
大変そうだニャ

でも、筆者のいた会社の男性社員の多くは理系大学の出身者で、女性とあまり接したことがないというエンジニアばかり。わかりやすく例えれば、『逃げるは恥だが役に立つ』の津崎平匡さんのような人ばかりだったのです。なので、異性の獲得という点だけ見れば、この制度に助けられた人は多くいました。女性と話すことなどできない男性でも、おせっかいな上司たちが、社員旅行などの機会を利用してなんとかまとめてくれたのです。鬱陶しくも、異性獲得という面では楽な時代でした。男女ともに。

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
でもやっぱり、窮屈そうだニャ

いまは当時とは違い、女性が一般職という枠に縛られることなく、かなり自由に仕事ができるようになっています。その代わり(?)に、自分で行動を起こさなければ、異性は手に入らない時代に。上司などのおせっかいのない鬱陶しさフリーの、だけど別の大変さがある時代に変わったのです。

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
いろいろ大変なんだニャ

そんな時代にいるのに、「就職したらなんとなく結婚も向こうからやってくるもの」、という昔のままの意識でいる人は、まだまだいそう。そんな人には、この書籍、『好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい。』は役に立つかもしれません。

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
手が、抜けないのニャ

お外ネコは食べるために、毎日努力をしています。そうしないと生きていけないから。同じように婚活する人も、毎日努力しないといけないということを、この書籍は教えてくれるかもしれません。

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい
努力は大事なのニャ

(記事中の画像は、同書の写真撮影者である沖昌之さんの許諾を得て、沖さんのInstagramから転載させて頂きました)