「Yahoo!地図」の「ルート探索」機能を使い、日本全国のルートと到達所要時間を可視化する「Yahoo! JAPANビッグデータレポート‐リニアは日本をどれだけ狭くするのか? 到達所要時間ビジュアライゼーションマップに挑戦」が公開された。

「ルート探索」は、日本国内の出発地点と目的地点、移動手段などの条件を指定して探索すると、最適なルートや所要時間、運賃などを案内する機能。このレポートでは、「ルート探索」機能と、「○○町○丁目」の粒度で抽出した約19万エリアの地点情報を用い、特定地域から到達エリアまでのルートと到達所要時間を可視化している。


デジタルデータを使えば、現時点では整備されていない交通手段も可視化できる。今回は例として、2027年に東京の品川駅と愛知の名古屋駅間に開通予定の「リニア中央新幹線」が、国内移動にどのような影響を与えるかを、「データビジュアライゼーション」で可視化した。

ヤフー、まだない交通機関の「ルート探索」で到達所要時間を可視化―ビッグデータレポート
リニア中央新幹線開通前後の到達所要時間マップ

品川駅、名古屋駅間に仮想ルートを設定し、品川駅を出発後3時間で到達できるエリアを、現在の交通網と比較している。そのほかにも、「東京から12時間でどこまで行けるか」を、同様の手法で可視化している。

「データビジュアライゼーション」とは、膨大なデータ(ビッグデータ)から導き出された関係性を、動画や静止画などで可視化する手法。