NEC ソリューションイノベータは、遠隔地から農業指導ができる圃場管理システムを開発、イチゴをインドで栽培する「インド ICHIGO プロジェクト」に導入した。

「インド ICHIGO プロジェクト」は、NEC などがイチゴのハウス栽培ノウハウを日本からインドに展開するプロジェクトで、クラウド環境を利用して、栽培ノウハウを持った日本の農業専門家が遠隔で支援する。


「インド ICHIGO プロジェクト」は、インド農村部で雇用を創出し、都市部との所得格差を縮小することを目的にしたソーシャルビジネスのプロジェクトで、今年7月から稼働を開始している。

この圃場管理システムにより、日本のクラウドサーバーを通じて、インドにある複数のハウスで管理している環境データを遠隔監視し、適切なアドバイスを行い、高品質で低農薬の農作物を栽培できるようになった。

今後はこのシステムを通じて、インド以外にも、農作物の栽培に課題を持つ様々な国に、農作物の生産性向上を支援していくそうだ。

インドでイチゴを栽培する―NEC が「インド ICHIGO プロジェクト」にクラウド遠隔地農業指導システムを開発
圃場管理システムのメニュー画面

タブレットで撮影
タブレットで撮影