大日本印刷(DNP)は、切る、折り曲げる、引っ掻くなどの圧力を印刷面にかけるとインキが発光する「応力発光印刷」を開発し、世界で初めて実用化した。偽造防止効果を高める技術として、金券などの印刷物に応用し、10月に量産を開始する。

DNP、圧力がかかると発光する「応力発光印刷」で偽造防止
DNP、圧力がかかると発光する「応力発光印刷」で偽造防止

応力発光印刷は、ひずみが生じると発光する特殊な分子構造を持つ応力発光体を活用したもので、圧力がかかったときだけ発光し、元に戻せば消える。数分ほど印刷面に光を照射した後、暗い場所で印刷物を切る、折り曲げるなど圧力をかけると、緑色の光を発する。


また、太陽光や蛍光灯などを照射した後、暗い場所に移動しても、しばらく残光が生じる“燐光性”もある。この応力発光や燐光を発する印刷物を正規品と見なすことによって、真贋判定に利用できる。耐水性や紙への加工適性など備えており、印刷色は無色。応力発光印刷の加工コストは、通常の印刷1色分の価格に対して10%増程度を予定している。

応力発光印刷のイメージ
応力発光印刷のイメージ

DNP は応力発光印刷を、ミシン目を切ったり、折り曲げたりしたときの光を確認して真贋判定するチケットや、アイキャッチ効果を高める商業印刷物、雑誌付録などに提供するほか、用途開発と市場開拓を進めていくという。また、応力発光や燐光を使って機械で真贋判定する方法と判定機の開発なども検討していくそうだ。