大日本印刷(DNP)とJR東日本は、施設内のルートを3次元の表現で案内するデジタルサイネージシステムを開発。JR東京駅構内にて、実証実験を7月3日から8月31日まで展開している。

東京駅の迷宮に救いの手--3次元でルートを示してくれるデジタルサイネージ
迷子の恐怖とさようなら?

近年、駅の複合施設化や商業施設の大型化が進み、従来の紙の案内図では目的地までの行き方がわかりにくい場合がある。スマートフォンを利用したナビゲーションサービスもあるが、特定の装置がないと利用者に現在地を伝えられない、スマートフォンユーザーしか利用できない、といった課題があった。


今回開発されたデジタルサイネージシステムは、パンフレットやスマートフォンのコンテンツと連動し、目的地までのルートを3次元の表現で分かりやすく案内することを実現。ユーザーが専用パンフレットに印刷された2次元コードをデジタルサイネージのカメラに読み取らせると、現在地から目的地までのルートが画面に3次元で表示される。スマートフォン用の「JR東日本アプリ」も対応しており、アプリ内の「東京駅ルート案内」を選択すると表示される施設ごとの2次元コードをデジタルサイネージのカメラにかざすと、ルート案内が表示される。

距離や所要時間もわかる
距離や所要時間もわかる