米国 Intel は、2014年第4四半期と通年の決算を発表した。いずれも過去最高で、ともに前年比/前年同期比で6%増加したという。

インテル、2014年の年間売上高は過去最高の559億ドル
Intel トップページ

2014年通年の売上高は559億ドル、営業利益は153億ドル、純利益は117億ドル。2014年第4四半期の売上高は147億ドル、営業利益は45億ドル、純利益は37億ドル。また、年間で108億ドル、同年第四半期では40億ドルの普通株式の買い戻しを完了し、1株当たりの年間配当を96セントに増額した。


2014年の PC/サーバー/タブレット/電話/IoT 向けマイクロプロセッサーの出荷数量は過去最高だった。タブレット向けの出荷数量は、目標を超える4,600万個を記録した。PC クライアント事業本部/データセンター事業本部/IoT 事業本部/ソフトウェア&サービス事業部門の売上高は前年比で増加したが、モバイル&コミュニケーションズ事業本部の売上高は前年比で85%減少した。

同社 CEO の Brian Krzanich 氏は、「2014年第4四半期を好調のまま終えることができ、2014年は過去最高の年になった。2015年は、モバイルの採算性を改善させ、引き続きコンピューティングの新しい波に注力していく」と述べている。