思い出を「仮想現実」として保存、いつでも追体験できる「Google Cardboardカメラ」
思い出をVR写真に残そう

思い出の景色を「仮想現実(Virtual Reality:VR)」として保存し、いつでも体験できる、とうたったアプリケーション「Cardboard カメラ」を、Googleが公開している。

Androidスマートフォンにこのアプリをダウンロード、起動すると、今いる場所の景色を360度パノラマで撮影し、同時に周囲の音も保存できる。


保存した写真は、3Dの「立体視」で鑑賞することが可能。つまり近くのものは近くにあるように、遠くのものは遠くにあるように見える。

休暇中に出かけた旅行でも、家族が集まった憩いのひとときでも、VR写真ですぐその場に戻れる、という訳だ。

ただし、VR写真を鑑賞するためには、手持ちのスマートフォンを「Cardboard ビューア」というゴーグルに装着する必要がある。

VR写真を鑑賞するのにはこれが必要
VR写真を鑑賞するのにはこれが必要

このゴーグル、段ボールとレンズ、マグネット、着脱テープ、輪ゴムなどを使って自分で作るよう、Googleは勧めている。段ボールなどはともかく、レンズはだいぶハードルが高い気がする。

材料を集めて自作がお勧めらしいけど、ほかはともかくレンズはちょっと大変な気も
材料を集めて自作がお勧めらしいけど、ほかはともかくレンズはちょっとなあ

海外ではすでにできあがっているゴーグルも売っているらしいが、国内向けの製品は見当たらない。どこか奇特なメーカーに期待したいところだ。

完成品、日本でも簡単に買えるようにしてほしい
完成品、日本でも簡単に買えるようにしてほしい