剣のおもちゃのイメージ
SAOの剣を再現したおもちゃ

まばゆい光と音を放ち、スマートフォンと連携する「ソードアート・オンライン(SAO)」の片手剣を再現したおもちゃを、ITメーカーのCerevoが開発した。米国ラスベガスで開催される先端技術の見本市「CES 2018」に展示する。2018年夏頃には製品として発売予定だ。

SAOは仮想現実(VR)や拡張現実(AR)を題材にした人気小説、アニメ、ゲームのシリーズ。今回開発したのはそこに登場する剣「エリュシデータ」の原寸大模型。

Cerevoはスマートフォンなどと連携するIT機器のメーカーではあるが、過去には人気アニメ「PSYCHO-PASS(サイコパス)」に登場する銃「ドミネーター」を再現したおもちゃを手掛けるなど、風変わりな趣向を好む。ちなみにこれらを「スマートトイ」と呼んでいる。

銃のおもちゃのイメージ
過去に手掛けた銃のおもちゃ

今回はまず、さまざまなアニメや映画に登場する剣のおもちゃを作る基盤「BLADEM(connected BLAde Development and Evalution Module)」を開発。その第1弾として作り出した。作品の雰囲気が味わえるように最新家電の技術を応用したさまざまな機能を備える。

刀身部分には2,000個を超える高輝度LEDと6軸センサーを搭載。剣の動きに合わせて刀身がまばゆい光を放ち、効果音がスピーカーから鳴り響く。LEDはそれぞれ個別に制御でき、、手元の鍔(つば)の部分から先端の刃先に向かって光が流れる、といった演出も可能。

剣のおもちゃのイメージ

音声認識機能もあり、「スターバースト・ストリーム」と作品に登場する技(わざ)の名前を唱えると、声に合わせてLEDが光ると同時に効果音が響き渡り、その後も動きに合わせて効果音が連続して鳴って、最後の動きとともに敵をやっつける効果音へつながる。

各種設定はスマートフォンから操作できる。LEDの色や明るさ、音量の調整はもちろん、音響の出力を内蔵スピーカーからスマートフォンへ切り替え、さらにスマートフォンを介して外部スピーカーと接続すればより迫力のある大音量を響かせられる。

スマートフォンの設定画面

なお、まだ価格は未定。Cerevoは今後、似たような剣のおもちゃを継続して開発するという。