JR東日本など関東甲信越、東北の鉄道事業者37社局は、優先席付近における携帯電話の使用マナー変更を発表。10月1日以降、従来の「優先席付近では携帯電話の電源をお切りください」という案内から、「優先席付近では、混雑時には携帯電話の電源をお切りください」という案内に切り替える。

優先席の携帯電話マナーが緩和--JR東など「混雑時には電源をお切りください」に
各社局で掲出される共同ポスター
*クリックして拡大

この変更は、2013年1月に行われた総務省の「各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針」改正や、スマートフォン普及に代表される携帯電話の利用形態の変化などをふまえたもの。混雑の度合いは「お客さまの体同士が触れ合う程度」としている。なお総務省の指針では、携帯電話端末と植込み型医療機器の装着部位の距離が15cm程度以下にならないよう注意を払うことが求められている。


各鉄道事業者は今後、駅・車内における共同ポスターの掲出に加え、優先席付近でのステッカー掲出や車内放送による案内などを順次展開する。車内での通話については、これまでどおり混雑度にかかわらず控えるよう呼びかけていくそうだ。