モバイル通信サービス「BIGLOBE SIM」への乗り換えを強化するため、BIGLOBE SIMの月額料金改定や家族でパケットを分け合えるサービス、最大1万円のキャッシュバックなどが実施される。

月額料金改定では、10月1日から、音声通話ができるSIM(音声通話SIM)が月額1,400円から利用できるようになる。また、ライトSプラン(6GB)が月額2,150円、12ギガプラン(12GB)が月額3,400円に引き下げられ、家族でパケットを共有できる「シェアSIMカード追加オプション」の受付が開始される。


「BIGLOBE SIM」でほとんど不通期間のない「らくらく乗り換えSIM」が開始
BIGLOBE SIM月額料金

また、ライトSプランと12ギガプランは、11月1日までに申し込み、開通翌月から6か月間継続利用すると、最大1万円のキャッシュバックが受けられる。さらに、通話代を節約できる「BIGLOBEでんわ 通話パック」も開始され、スマートフォンに関わる通信費が節約できるようになる。

「BIGLOBEでんわ 通話パック」は、一定時間の通話をパック料金にしたもので、第一弾として10月1日から1時間分(2,400円相当)の通話料が650円となる「BIGLOBE でんわ 通話パック60」が開始される。「BIGLOBEでんわ」は、090などの携帯電話番号がそのまま使えるアプリで、60分を超える国内通話も、BIGLOBE SIM通常通話料金の半額、10円/30秒で利用できる。

そのほか、「らくらく乗り換えSIM」で不通期間がほとんど発生しない番号ポータビリティ(MNP)サービスが実施されるとともに、全国に「BIGLOBE SIM」体感スポットが開設される。