LINEの定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」で、WindowsやMacでも楽曲を再生したり、LINEなどへシェアしたり、プレイリストが作成できるブラウザ版が公開された。

定額制音楽配信サービス「LINE MUSIC」、WindowsやMacでも
ブラウザ版「LINE MUSIC」

ちなみにこのLINE MUSICアプリ、サービス公開後約1か月半の7月22日時点で、ダウンロード数が620万件、累計楽曲再生数が6億8,000万回を突破した。月額料金は500円からだが、ユーザーは8月9日まで、無料で全楽曲・全機能を体験できる。


LINE MUSICのブラウザ版では、テーマやジャンル、ランキングなどを元に楽曲を探して再生したり、自分だけのプレイリストを作成したりできる。LINEアカウントでログインして利用するので、ブラウザ版での楽曲の再生やプレイリストの作成情報はアプリ版に同期される。

ユーザーは、自宅や会社などではブラウザ版、移動中や外出先ではスマートフォンアプリで、ロケーションやシーンに合わせて音楽を楽しむことができる。

また、ブラウザ版は、LINEの有料コンテンツを販売する「LINE STORE」と連携しており、有料プランのチケットを購入、確認することもできる。ただし、オフライン再生機能には対応していない。