有料の音楽ストリーミングサービス「Google Play Music」が日本でも公開された。

月額制サブスクリプションサービスに登録すると、国内外のメジャー、インディーズの音楽レーベルの3,500万曲以上に、スマートフォンやタブレット、PCなどから無制限にアクセスできるようになる。サブスクリプションサービスの月額料金は980円。登録後の最初の30日間は無料。また、10月18日までに申し込むと、月額780円が適用となる特別プランをある。


「Google Play Music」有料音楽ストリーミングサービス、日本でも開始
「Google Play Music」画面

また、曲やアルバムごとに音楽を購入できるストアもオープンした。さらに、CDやiTunesなどで購入した音楽を、無料で5万曲までクラウドに保存できる機能も公開された。サブスクリプションで聞く曲も、購入した曲も、自分のコレクションから追加した曲も、すべてGoogle Play Musicアプリからシームレスに聴くことができる。

サブスクリプションサービスでは、アプリを開くたび、Google Playが厳選した、そのときの気分やシチュエーションにぴったりのプレイリストがレコメンドされる。また、聴きこむほどにユーザーの好みを学習し、アルゴリズムによってユーザーに合った音楽をレコメンドする。

「Google Play Music」の紹介ビデオ