スウェーデンのトッカ・ボッカ社から、 新作アプリ「Toca Life: City」(トッカ・ライフ・シティ)が6月25日、発売になる。これに合わせて日本語の Web サイトも開設される。

スウェーデンの子ども向けロールプレイアプリ「トッカ・ライフ・シティ」が発売、日本語サイトも開設
「トッカ・ライフ・シティ」紹介ビデオより

「トッカ・ライフ・シティ」は、親子向けの、ゴールもスコアもないロールプレイングアプリ。ショッピングモールやフードコート、 美容院など、週末に出かけたくなる場所が中心に設定されていて、子どもたちはそこで自由にストーリーを作ることができる。


例えば、美容院で新しい髪型に変身して、素敵な洋服に着替え、お気に入りのショッピングモールのフードコートで食事を楽しんだり、ロフト付のアパートメントに友達を招待したりできる。

28のキャラクターが登場するが、年齢や肌の色、髪型が違うキャラクターから自由に選ぶことができる。髪型や洋服をユーザーの好みにあわせて変えることもでき、組み合わせは310万通りにものぼる。これはトッカ・ボッカのアプリの中で最も細かくパーソナライズできる機能だ。

アプリ内課金や第三者広告は一切ない。価格は400円。対象年齢は4〜11歳。App Store、Microsoft、Google Play、Amazon などから入手できる。

「トッカ・ライフ・シリーズ」は、世界中の子どもたちのリクエストに応えて開発された。「トッカ・ライフ・シティ」はシリーズ第1弾として2014年5月に発売された「トッカ・ライフ・タウン」の続編。

「トッカ・ライフ・シティ」の紹介ビデオ