人間の目のように2つのレンズで奥行きを検知する au スマートフォン「HTC J butterfly」が8月下旬に発売となる。下り最大 150Mbps で高速、安定した通信ができるキャリアアグリゲーション(CA)技術や、下り最大 110Mbps の「WiMAX 2+」にも対応している。

「HTC J butterfly」--人間の目のように2つのレンズで奥行きを検知するスマホ
HTC J butterfly

台湾 HTC 製。本体背面のカメラは1,300万画素と200万画素の2基があり、撮影後に自在にフォーカス選択が可能な「UFocus」や擬似的な立体効果を演出する「3次元効果」などの機能を利用できる。日本未登場の HTC One(M8) を彷彿とさせる特徴だ。


また本体前面のカメラは国内初をうたう500万画素で、「Selfie(自分撮り)」で鮮明な写真が撮影できるとしている。

これに加え「ハイレゾ音源」に対応した JBL イヤホンが標準で付属する。音楽や動画の再生、ゲームの利用を鮮明な音質で楽しめるとしている。

イヤホンが付属する
イヤホンが付属する

5.0型 FHD(1920×1080ドット)ディスプレイを搭載し、OS は Android 4.4。CPU はクアッドコアの Qualcomm MSM8974AC(2.5GHz)、メモリ容量は 2GB、ストレージ容量は 32GB。128GB までの microSDXC メモリーカードを挿入できる。

バッテリ容量は 2,700mAh で、連続待受時間は、LTE/WiMAX 2+ 利用時で430時間としている。本体の重さは約156g。

グローバルブランドの製品だが、日本特別仕様らしく、いわゆる「全部入り」だ。近距離無線通信規格「NFC」に準拠した情報取得機能やおサイフケータイ機能をはじめ赤外線通信、ワンセグ/フルセグ、防水、防塵(ぼうじん)対応となっている。

カラーバリエーション
カラーバリエーション