HTC U11のにぎり画像
片手で「にぎる」と撮影

片手で「にぎる」だけで操作ができるAndroidスマートフォン「HTC U11」が発表となった。カメラなどを便利に使える。

HTC U11の製品イメージ
台湾HTCの新製品だ

側面にセンサーを搭載。「短押し」「長押し」といった握り方に合わせ、各種機能やアプリケーションを起動、操作できる。自撮り(セルフィー)や逃したくない光景の撮影などを、ボタン位置にとらわれずすばやく行える。

カメラは背面が1,200万画素、前面が1,600万画素。性能評価の権威であるDxO Markで世界最高得点を獲得しており、暗闇での撮影性能基準の1つとなりうるF値も1.7とスマートフォンとしては優れている。

HTC U11の製品イメージ
カメラの性能は折り紙付き

このほかの特徴としては、1度に複数の写真を撮影し、影とハイライト、テクスチャーと色を調整し、鮮明で釣り合いのよい1枚に合成する「HDR ブースト」や、高性能なデジタル一眼レフカメラが採用するフルセンサーのオートフォーカス「U ウルトラスピード・オートフォーカス」がある。

周囲360度から集音できる4つのマイクを備え、さらにカメラをズームさせると、画面範囲の音に重点を置いて拾う「音声フォーカス」も搭載する。

これに加え持ち主の耳に合わせて音質を調整する機能やアクティブ・ノイズキャンセレーション機能、ハイレゾ音源対応などの特徴を持つイヤホン「HTC U ソニック・ハイレゾ」が付属する。

イヤホンが付属する
ハイレゾ対応のイヤホンが付属

ディスプレイは約5.5型Quad HD (2,560×1,440ドット)。本体は滑らかに曲面処理したガラスで全面をおおっており、光の当て方を変えると複数の色合いがあらわれる。バッテリー容量は3,000mAhで、重さは約170g。

曲面ガラスの深い光沢
光沢が美しい

OSはAndroid 7.1.1。CPUは64bitで4+4コアのQualcomm Snapdragon 835(2.36~2.45 GHz/4 + 1.9GHz/)、メモリー容量は4GB、ストレージ容量は64GB。最大200GBのmicroSDXCメモリーカードを挿入できる。

IP67等級の防水・防塵性能があり、NFCのほかFeliCaによるおサイフケータイ機能が利用できる。

カラー4種類の並んだようす
カラーバリエーション

開発元であるHTCは台湾企業だが、日本法人も製品を発表しており、国内市場でも手軽に買えるようになるかもしれない。オープン価格としている。